Order house

サイトマップ

注文住宅はアフターケアが大切

赤いソファ

注文住宅のメーカーを決めるとき、大きく分けて二つの選択肢があります。一つは地元の工務店に注文する。もう一つは大手のハウスメーカーに注文する、の二つです。
もしどちらを選ぼうかと悩んでいる方は、大手のハウスメーカーを選択することをお勧めします。なぜならば、「アフターケア」の質に大きな差があるからです。地元の工務店を選ぶときに不安なのが、その工務店が「なくなってしまわないか」という点です。近年ではハウスメーカーの方が受注数を増やしており、工務店は跡取りの問題もあり、厳しい状態です。
大手ハウスメーカーであればよほどのことがない限り倒産することもなく、安定してアフターケアを受けることができます。また、大手であれば困ったときの対応も速いです。多くの注文住宅を売っていれば、それだけアフターケアのノウハウも多くなり、様々なケースへの対応をすでに用意してくれているのです。
大手ハウスメーカーの中でもアフターケアの質に差があることは事実ですが、メーカー選びのほかに、「営業」選びも重要になってきます。家を建てた後も基本的に営業を通じてアフターケアを受けることになります。家を建てて関係が終わるものではないので、担当してくれる営業マンがでれだけ知識を持っていて、縦終わった後もケアをしてくれるかどうかを判断しなければいけません。

注文住宅を検討するなら年齢に注意

注文住宅を検討する際、何をもって決めていますか?恐らく金額で決めることは上位にくるでしょう。こんな外観にしたい、こんな間取りにしたい。希望をすべて取り入れてみると大体は予算オーバーです。そんなとき、無理して住宅ローンなり予算を増やすか、または希望のものを削っていくか、どちらかだと思います。今回注意したいのは予算を増やす場合です。予算を増やすということは住宅ローンの場合、当たり前ですが…

注文住宅の建設の進め方

注文住宅での建設の流れをご説明します。1.契約。ハウスメーカーと売買契約を交わすと家づくりが始まります。このときにローンの申込みなども行います。2.設計打ち合わせ。設計士さんと各種設計について打ち合わせがあります。まずは部屋の配置を決め、その後内装仕様決め、電気設備・配線決め、外観決めといった形で打ち合わせが進んでいきます。ペースは2週間に1度ほどです。家づくりの醍醐味とも言…

TOP