Order house

サイトマップ

注文住宅の建設の進め方

白い壁の家

注文住宅での建設の流れをご説明します。
1.契約。ハウスメーカーと売買契約を交わすと家づくりが始まります。このときにローンの申込みなども行います。
2.設計打ち合わせ。設計士さんと各種設計について打ち合わせがあります。まずは部屋の配置を決め、その後内装仕様決め、電気設備・配線決め、外観決めといった形で打ち合わせが進んでいきます。ペースは2週間に1度ほどです。家づくりの醍醐味とも言える箇所です。自らの希望に添うように設計士さんと話し合い決めていきますが、どうしてもできない場合もあるので妥協も必要になってきます。私は設計で4ヶ月打ち合わせを繰り返しました。
3.建設。設計が完了すればいよいよ建築です。まずは地鎮祭で土地の神様を沈めます。家の安全と、建設中の安全を祈願します。つぎに基礎作りです。土地の地盤によって工法が異なります。建物の基礎となる部分なので、多少費用がかかっても丈夫な工法をおすすめします。基礎が終われば建て方です。こちらも工法によって異なりますが、最近注目の2×4や2×6といった工法であれば1週間足らずで建て方が終わることもあります。
家の基本ができればあとは内装です。フローリングなどの板材や、壁紙などをはっていきます。また据付の家具などもここで設置していきます。このような流れで注文住宅の建築は進んでいきます。参考にしてみて下さい。

注文住宅を検討するなら年齢に注意

注文住宅を検討する際、何をもって決めていますか?恐らく金額で決めることは上位にくるでしょう。こんな外観にしたい、こんな間取りにしたい。希望をすべて取り入れてみると大体は予算オーバーです。そんなとき、無理して住宅ローンなり予算を増やすか、または希望のものを削っていくか、どちらかだと思います。今回注意したいのは予算を増やす場合です。予算を増やすということは住宅ローンの場合、当たり前ですが…

注文住宅の建設の進め方

注文住宅での建設の流れをご説明します。1.契約。ハウスメーカーと売買契約を交わすと家づくりが始まります。このときにローンの申込みなども行います。2.設計打ち合わせ。設計士さんと各種設計について打ち合わせがあります。まずは部屋の配置を決め、その後内装仕様決め、電気設備・配線決め、外観決めといった形で打ち合わせが進んでいきます。ペースは2週間に1度ほどです。家づくりの醍醐味とも言…

TOP