Order house

サイトマップ

注文住宅のメーカー選びはここがポイント!

大きい窓の家

注文住宅を建てたいと思った時、まず何をするかというと、ネットで検索をかけたり展示場に行ったりといった下調べですよね。そこで初めて目にする工務店さんもいれば、CMなどでよく名前を耳にするハウスメーカーさんもいます。そこで、ハウスメーカーや工務店を選んでいく際に注目してほしいのが、各メーカーの「得意分野と不得意分野」です。たとえば、住友林業さんだったら木造住宅が得意で、ほかのメーカーでは取り扱えないような木材も用意できます。
パナホームさんだったらプレハブ工法が得意で、四角い部屋を作るのはできても丸いデザインが苦手だったり、メーカーによって出来ることと出来ないことがばらばらだったりします。それを知らずに決めてしまうと、思うような家にできなかったり、オプションで高い値段を取られてしまったりすることもあります。そこでまず、自分が作りたい家で何を一番重視するかを決めることが重要です。
耐震を重視するのか、安さを重視するのか、木造か、鉄筋か、おおまかに家をどうしたいということが決まれば、自然とメーカーも絞られてくるはずです。展示場に行き、「こんな家に住みたい」と思いメーカーを決めるのも一つの手段ではありますが、最終的な家の仕上がりのパフォーマンスを一番よくするためには、住宅メーカーの得意・不得意を考慮したうえで、注文する要があります。

注文住宅を検討するなら年齢に注意

注文住宅を検討する際、何をもって決めていますか?恐らく金額で決めることは上位にくるでしょう。こんな外観にしたい、こんな間取りにしたい。希望をすべて取り入れてみると大体は予算オーバーです。そんなとき、無理して住宅ローンなり予算を増やすか、または希望のものを削っていくか、どちらかだと思います。今回注意したいのは予算を増やす場合です。予算を増やすということは住宅ローンの場合、当たり前ですが…

注文住宅の建設の進め方

注文住宅での建設の流れをご説明します。1.契約。ハウスメーカーと売買契約を交わすと家づくりが始まります。このときにローンの申込みなども行います。2.設計打ち合わせ。設計士さんと各種設計について打ち合わせがあります。まずは部屋の配置を決め、その後内装仕様決め、電気設備・配線決め、外観決めといった形で打ち合わせが進んでいきます。ペースは2週間に1度ほどです。家づくりの醍醐味とも言…

TOP